キャビテーションは痩せにくい二の腕こそ最適

キャビテーションは、初めて受ける方でもしっかりと効果を感じることができるほど高い効能があるため、さらに回数を増やすことでより一層効果が期待できます。
キャビテーションは、脂肪細胞を液化し血中とリンパ液内に循環または排出するため一度で減らすことができる脂肪分には限界が存在します。
キャビテーションを行ってから数日間は、体内の代謝が上がっているため通常よりも脂肪が消費しやすい身体になっています。
そのためマッサージや運動、脂肪分の多い食材をセーブするといった方法を取り入れることで、さらに脂肪燃焼の効果が高まります。
行う場所によっても効果に差異が現れます。
二の腕などと比較した場合、お腹の周囲の脂肪分は絶対量が多いことから、最も効果が実感しやすい部位であると言えます。
キャビテーションを行う回数は、固まっている脂肪分やセルライトを除去したいという場合はおよそ1回から3回を目安として受けることで効果が実感できます。
一目で体型が変化したことがわかるほどダイエットを行いたい場合は、およそ10回続けることで施術の前後ではっきりと体型を変えることが可能になります。
施術を受けた方の多くは、自分自身でも回数を重ねる度に脂肪分が減っていくことに気付きます。
上述したように、全身の中で最も効果を感じやすいのはお腹周りですが、痩せるのが難しいのが二の腕です。
日頃使用する筋肉は、力こぶができる内側の筋肉です。
そのため、外側の筋肉を使用する機会は少ないため鍛えにくいのです。
しかし、二の腕のように通常使う機会が少ない部位だからこそキャビテーションの効果が感じやすい部位とも言えます。
キャビテーションを施術してからおよそ3日はリンパの中に遊離脂肪酸が循環するため痩せるために適した体内環境になっています。
この期間の入浴後にリンパを刺激するマッサージやストレッチを行うことで代謝が上がり、脂肪をさらに消費しやすくできるのです。